ヴィンテージパーツで作るピアス

こんにちは、yanです。


ヴィンテージパーツを使ってピアスを作ってみました。


そもそもヴィンテージって?

「アンティーク」は一般的に100年以上前に作られたものをさすそうです。それに対して「ヴィンテージ」はもう少し曖昧で、20年から30年以上前で100年未満のもののことを言うことが多いようです。
ヴィンテージ風な現代もののパーツも多く販売されています。


早速作ってみました

ヴィンテージパーツを扱うネットショップはいくつもありますが、中でもレ・ミースさんのネットショップがとても素敵で、わくわくしながらサイトを眺めるようになりました。
le-meace
送料が全国一律200円という点も魅力的です。

そしていろいろ検討した末、まずはヴィンテージパーツで小さめのピアスを作ってみました。



買ったのは「ドラゴンズブレス」というヴィンテージのカボションと、セッティング用のパーツです。



作り方は簡単で、ドラゴンズブレスをセッティング用パーツに接着剤で貼り、さらに平皿のピアスパーツを貼り付けただけです。



「ドラゴンズブレス」とは、見る角度によって、うっすらと青色などのシラー(遊色)が浮かび上がるガラスのパーツということのようです。
少し青いシラーが見られます。

わたしの購入したドラゴンズブレスはピスタチオグリーンと金色のラメの地に、青色が浮かびます。
なんとも不思議でとても綺麗です。

横のレース模様もかわいいです!

貼っただけですが、とても満足のいくピアスができて嬉しいです。
ヴィンテージパーツ、面白い。


それでは、また。

人気の投稿