【型紙・作り方】おしゃれ割烹着

ナチュラルでおしゃれな雰囲気の割烹着の無料型紙と作り方について書きます。

お友達やお母さんへのプレゼントにもおすすめです。
割烹着としてお料理や掃除に使うだけでなく、洋服としてもお使いいただけます。

パターンは、このブログの中でも人気のある大人のナチュラルなワンピースをアレンジしたものです。襟ぐり以外は全て直線なので、見た目よりとても簡単です。
スカートも袖も直線!とても作りやすいです。

袖口はゴムを通してふんわりとさせています。
着用画像をまとめました→こちら




サイズ


★襟ぐりは鎖骨が少し見えるくらいのボートネックになります。



材料

・布(110cm幅) 3m
・接着芯 20×60cm程度
・糸


★今回は大塚屋ネットショップの「北欧調カラーのハーフリネン無地(ブラック)」を使いました→詳しくはこちら

〈他にはこんな生地がおすすめ〉





型紙

囲み製図のコツ
★ボートネックの詳しい書き方はこちらから
★襟ぐりアレンジはこちら
★スカート丈はお好みで調整してください。着用画像は身長165cmです。



裁断


★スカートは布幅全部使いました。布の耳を縫い代にします。



作り方

【準備】
・地直しが必要な場合はする(地直しの方法)
・縫い代をつけて裁断する
・袖山に印を付ける(印の付け方)
・見返しにアイロンで接着芯を貼る

①前・後ろ身頃の肩、後ろ身頃の後ろ中心、袖の裾、後ろスカートの後ろ中心、前・後スカートの脇にロックミシン(またはジグザグミシン)をかける。
★スカートの脇は、布幅全部使う場合、布の耳はほつれないのでロックミシン不要です。



②前・後ろ身頃を中表に合わせて、肩を縫う。縫い代をアイロンで割る。見返しの肩も同様に縫い合わせて、縫い代を割る。
アイロンで割るとは?



③袖と身頃を中表に合わせて縫う(袖山の印と肩線を合わせる)。2枚一緒にロックミシンをかけて、アイロンで縫い代を袖側に倒す。



④アイロンでリボンの折り目を付け、端をミシンで縫う。4本同様に作る。



⑤後ろ身頃にひも①(短い方)を仮止めする



⑥見返しの下側(赤線部分)にロックミシンをかける。



⑦襟ぐりに見返しを中表に合わせて縫い、縫い代に切り込みを入れる。表に返してアイロンで整え、2cm幅で縫う。



⑧袖下から身頃の脇を一気に縫う。角は丸くカーブして縫う。2枚一緒にロックミシンをかける。



⑨袖裾を1.5cm折る。ゴム通し口を残して、1cm幅で縫う。25cmのゴムを通して2cm重ねて縫い止め、通し口を縫い閉じる。



⑩前後スカートを中表に合わせて脇を縫う。縫い代をアイロンで割る。



⑪スカートの縫い代に2本、粗ミシン(針目4mm程度)をかける。
ギャザーの寄せ方



⑫スカートと身頃を中表に合わせて待ち針を留める。均等にギャザーを寄せる。針目を戻して(針目2~2.5mm)出来上がり線で縫い合わせる。2枚一緒にロックミシンをかけ、縫い代を上(身頃側)に倒してアイロンをかける。



⑬ひも②を後ろ身頃のギャザー切り替えの位置に仮止めする。



⑭後ろあきの部分を出来上がり線で折ってアイロンをかけ、ミシンステッチをかける。




⑮裾を三つ折りにして縫う。
三つ折りミシンとは?

完成です。



★ほかにもシンプルで簡単な大人の服の作り方と型紙を公開しています→無料型紙まとめページ
★Instagram→yan_sewing


読んでいただきありがとうございました。
みなさんの作品」へのご応募もお待ちしております。
それでは、また!

人気の投稿